政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

WHO「空気感染の可能性、否定できない」

WHO(=世界保健機関)は新型コロナウイルスについて、

これまで飛沫感染などを主な感染経路としてきたが、

空気感染の可能性も否定できないとの見方を示した。

6日、欧米など239人の専門家が公開書簡を発表。

中国のレストランで、感染者とは別のテーブルにいた客の間でも感染が広がった事例などを挙げ、

新型ウイルスが空気感染するおそれがあるとして、WHOに対策の見直しを求めている。

7日の定例会見でWHOの専門家はこのように述べ、特に密閉空間での、

空気中の微粒子エアロゾルによる感染の可能性について精査し、

近く報告書をまとめると明らかにした。

 

f:id:yseikei:20200708140927j:plain

 

‘@当初からエアロゾルの可能性を指摘したが、多くの専門家も当初は否定していた。

韓国での宗教の感染でも、飛沫感染だけにしてはあまりにも多すぎる。

空気感染とまではいかなくても、閉鎖空間でのエアロゾルの蔓延率と感染力の強さがある。

だから、クラブなどでもクラスターが多数発生した。

インフルエンザで、これほどのクラスターは少ないだろう。