政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

二階幹事長、大阪都構想否決「党としても誇らしい」

自民党二階俊博幹事長は2日、国会内で同党の大塚高司大阪府連会長と面会。

大塚会長は面会後記者団に、

二階幹事長が、「大阪都構想」の住民投票が否決されたことについて、

「党としても誇らしい」と述べたことを明らかにした。

住民投票で賛成に回った公明党との亀裂については、

「一切ない。国では連立政権をきっちりと結んでいる。変わりなく対応していきたい」

と、大塚代表は強調した。

 

f:id:yseikei:20201104114615j:plain

 

二階幹事長は元々大阪都構想には反対の立場。

二階派近畿地方に派閥議員が複数いるので、大阪都構想には反対だった。

菅総理日本維新の会代表の松井市長とはじっこんの仲。

本来なら応援したいところだが、自民の大阪府連が反対しているため、

大っぴらに維新を応援する分けにもいかなかった。

安倍前総理は大阪都構想に反対を表明していたが、菅総理はノーともイエスとも言わない。

だから二階幹事長も静観していた。

敗北により、維新勢力が低下すれば、菅総理にも影響が出る。