政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

WHO調査団、中国「12月中旬以前から拡散していた可能性がある」

武漢からスイスに戻った調査団長のピーター・ベン・エンバレク氏はCNNのインタビューを受けた。

調査団はWHOの専門家17人と中国人17人で構成。

新型コロナウイルスの、13の異なる遺伝子配列を初めて収集できたとエンバレク氏は説明する。

この情報を、中国で2019年に確認された患者のデータと照らし合わせれば、

12月以前に流行が起きていた地域や時期の解明につながる貴重な手がかりとなり、

新型コロナが12月中旬に初めて公式に確認される以前から、

中国国内で拡散していた可能性があるという。



エンバレク氏は、「このウイルスは12月に武漢で広く出回っていた。これは新しい発見だ」と主張。

武漢の市場との関係について「市場に由来するものもあれば、市場とは関係ないものもあった」と指摘。

エンバレク氏によると、調査団は武漢や周辺地域で2019年12月に確認された174の症例について、

中国の専門家チームから情報提供を受けて調査した。

このうち100例は検査で感染が確認され、残る74例は患者の臨床症状から診断された症例だった。

174人は重症だった可能性が高く、この数の多さから判断すると、

武漢では12月の時点で1000人以上が感染していた可能性があると調査団は推定する。

エンバレク氏はモデルはまだ作成していないとしつつ、

「感染者のうち約15%が重症化し、大多数は軽症であることが大まかな試算で分かっている」と述べた。

WHOの調査団は、今後数ヶ月の間に再び武漢を訪れ、調査を継続したい意向。

次回調査では、1回目の調査で入手できなかった生物学的サンプルを緊急に調べたい意向だが、

「多くのサンプルがその取得の目的に応じて、数カ月もしくは数週間後に破棄された」と、

エンバレク氏は推測している。




‘@WHO調査団が中国で発表した内容と今回の内容が違うのは、

中国国内で余計なことを述べると、調査団に支障をきたす可能性があるからだ。

しかし、13の異なる遺伝子配列を収集してきたのはいつのものかは不明。

中国側の方を持つ気は毛頭ないが、あくまでも憶測にすぎず拙速な気がする。

中国がそう簡単に証拠を露呈するとは思えない。

WHOのやってる感、何か裏、意図があるのかもしれない。


どんちっちあじ水煮 3缶×2セット 専用化粧箱入り 島根県浜田港ブランド魚 あじ 水煮缶 島根土産 ギフト 手作り 無添加 TV話題 この差って何ですか 条件付き送料無料