政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

羽生署巡査部長、強制わいせつ未遂の容疑。

7日、強制わいせつ未遂の疑いで、埼玉県羽生警察署地域課の33歳の巡査部長を逮捕。

県警は9日朝、巡査部長の身柄をさいたま地検に送検。

送検されたのは、羽生警察署地域課勤務の巡査部長・池田高秀容疑者(33)。

警察の調べによりますと、池田容疑者は非番だった今月4日、

警察業務で知った20代の女性を脅して、羽生市内の商業施設の駐車場に呼び出し、

車の中でわいせつな行為をしようとしたとして、強制わいせつ未遂の疑い。

同課によると、巡査部長は過去に扱った事案で少なくとも1回、女性と会ったことがある。

何らかの方法で女性の連絡先を知り、携帯電話に連絡。

口実を作って脅し、駐車場まで呼び出した。巡査部長は当日は休みだった。

女性は巡査部長が警察官と知らなかったという。



女性が同日午後2時3分ごろ、「駐車場内で男に脅されている」と110番。

巡査部長は現場からいなくなったが、付近の防犯カメラなどから関与が浮上した。

巡査部長は2008年10月、県警の警察官を拝命。

17年3月から羽生署地域課の須影駐在所で勤務しており、犯行後も出勤していた。

勤務態度に問題はなかったという。

9日朝8時30分ころ、池田容疑者の身柄は浦和西警察署から、さいたま地検に送られた。

県警によると、池田容疑者は調べに対し、

「車の中で金を要求したり、エッチさせろなどと言ったが、わいせつ目的の部分が納得できない」

と、容疑を否認しているという。

‘@埼玉の警察で不祥事が続いている。