政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​鈴木大地、大阪の「だんじり祭り入魂式」必要。

ソウル五輪競泳金メダリストで前スポーツ庁長官の鈴木大地氏が14日、

フジテレビ系「めざまし8」に出演。

大阪府の医療体制に、「1年いったい何をしていたのか」といらだちをのぞかせた。



鈴木氏は「今の状況を大変危惧しています。1年、こういうコロナの状況が続いているわけですから、

この1年、いろんな対策をしていたと思うんですが、一体何をしていたのかという問題が、

私もわいてきます」と、大阪の医療体制を憂慮。

「ワクチンをもう少し早く、供給できないのか」とも付け足した。



一方で、11日に大阪・岸和田市で行われただんじり祭りの入魂式で、

多くの人出があったことについては「こういうのは不要不急ではない。必要」と、真逆の理解を示した。



‘@鈴木氏は今年4月に行われた千葉県知事選の出馬を断念した。

こういう人が、首長になったら感染は拡大する。

ならなくて正解だ。

だんじり祭りの入魂式」も、愛媛県知事聖火リレーを中止したように、

コロナ禍、あんなに密を作らなくても、他にやりようがあったはずだ。

大阪府は21日、府内で新たに過去最多の1242人が新型コロナに感染。

20人の死亡が確認された。