政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​日本軽金属、品質検査で25年間不正。

何処でもやっているようだ。



大手アルミメーカーの日本軽金属が、愛知県の工場で25年間にわたって、

アルミ板の品質検査を日本産業規格=JISの規定とは異なる方法で行い、

製品を出荷していたことがわかり、工場はJISの認証を取り消された。

発表によりますと、愛知県稲沢市にある日本軽金属の名古屋工場で、

アルミ板の一部の製品について、強度を検査する際に少なくとも1996年ごろから25年にわたって、

品質や安全性の基準となるJISの規定とは異なる方法で検査を行い、出荷していたという。



また、その後の社内調査で、2018年の春に工場の品質管理の担当者が不正を把握したあとも、

規定とは異なる方法で検査が続けられていたことも分かり、会社では調査委員会を設置し、

詳しい経緯や原因を調べるとしている。

‘@日本、日本人として恥ずかしい限りだ。

中国に笑われている。