政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

自民・細田議員「沖縄は頼りにならない国の政策頼るな」

自民党細田博之・元官房長官は19日、自民党の沖縄振興調査会の役員会で、

沖縄県に再び観光客をどうやって呼び入れて経済を振興するか、

それこそいま問われている大問題だ」とし、

来県者全員に新型コロナウイルスの検査をすべきだと述べた。



役員会には、沖縄県玉城デニー知事も出席。

沖縄では同日、過去最多の新規感染者203人を記録し、

緊急事態宣言の発出を国に要請することも決めた。

細田議員はこの日の会合で、「海を隔てて航空機と船でしか行けないところが、

なんでこれほどの罹患(りかん)者が出るんだ。

ゆゆしき事態であり沖縄県の観光産業にとっても大ダメージだ」と強調。

「緊急事態だとか蔓延防止とか、そんなものに頼ったって全然ダメ。効果ありません」と指摘。

県の独自政策として来県者全員を検査するよう提案した。

続けて細田議員は、「国の政策に頼るなんて沖縄県民らしくないじゃないか。

頼りにならないような国の政策なんか頼りにしたって、このコロナは対策が講じられない」と主張。

「国がなんとかしてくださいなんてことを言わないで済むようにしてほしい。

それが沖縄県を愛する私の心、気持ちだ」と持論を展開した。



‘@細田議員の発言が皮肉ではなく本音だとしたらその通りだと思う。

党内では、面と向かって言えないので、沖縄を通じて、新型コロナに対する国の対策が、

なっていないことを訴えたのか。

以前から、沖縄は大変なことになると指摘してきたが、玉城知事も対策を講じてこなかった。

観光地特有の事情や県民性もあるのだろが、県民の命を守らなければならない。

県を訪れる人には全員PCR検査や抗原検査を実施することはいいことだ。

一つの国として考えて、水際対策を徹底する。

沖縄を出る時にも検査をすべきだ。

国は費用を含め全面的に支援すべきだ。

それにしても、細田議員がこれほど沖縄のことを思っているとは知らなかった。

俄かには信じがたいが、だとすればもっと早くに進言すべきだった。

ただ、いま問われている大問題は、新型コロナ撲滅で経済優先ではない。

島でこれほどの罹患者が出るのは、感染者を無尽蔵に入れているからだ。

それは、経済を最優先するから感染者や死亡者が増大するのだ。