政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​RIZIN、シバターと久保の八百長騒動。

晦日総合格闘技イベント「RIZIN.33」で、

Youtuberプロレスラーのシバター(36)が元K-1王者、久保優太(34)と対戦。

シバター選手が飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで1本勝ちした試合で持ち上がる八百長騒動。



内容通り進んでいなかったら、八百長は成立しない。

ましてや真逆の結果なら尚更だ。

バカバカしい話ではあるが、だまされた久保選手も悪いということになる。

その後、シバターは「責任をとって格闘技を引退します」とのタイトルで動画を投稿。

RIZINの主役になってしまい、誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

さらに「完全にRIZINを食ってしまいました」と何度も同様のことを述べた。

Youtuberにとっては、誇らしいことになるのだろう。

そして、「今回の試合をもちまして、格闘技を引退しようと思います。

プロレスはやりたい試合があればたまに出ようと思うんですけども、

ちょっと責任を取りまして、これで終わりにしたいと思います」と宣言。

さらに「プロゴルファーを目指したいと思います」と驚きの発言も飛び出し、その場でスポンサーを募集。



大会運営に携わったJMOCは4日、SNSでジャッジの詳細とともに試合結果を発表したが、

シバター・久保戦と、那須川天心五味隆典戦が省略されており、

JMOCは「非公式戦を除く」結果だとして収めるようだ。

これで、久保選手が助かればよいが。

音声など流出させず、RIZINなどに相談して指示を仰いだ方が良かった。

最後までシバターの思う壺。

シバターもガチ格闘技の限界を感じていた。

Youtuber格闘家としての最後の花道は、完全にシバターの勝利だ。

いずれにしろ、曰く付きのシバターを登場させたRIZINの責任も重い。

格闘界に不穏な疑義を醸し出した。