政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​国交省、統計不正、4兆円過大計上か。

国の基幹統計「建設工事受注動態統計」の不正をめぐり、国土交通省の本省職員が、

受注実績を無断で書き換えて二重計上していたことで、

2020年度の統計が約4兆円過大になっていた疑いがあることがわかった。

実績全体の5%に相当し、巨額の訂正が必要になる。

13~19年度は二重計上したデータの量がより多く、さらに大幅に過大だったことになる。



同省は20年度の統計を二つ公表しており、1年間で約4兆円過大になっていた。

統計法は、真実に反する基幹統計を故意に作成することを禁じており、罰則もある。

すでに事務次官ら10人が処分されているが、トカゲのしっぽ切りではなく、

大臣や時の総理も責任をとるべきだ。