政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​ローマ教皇、連日のウクライナ侵攻批判。

ローマ教皇、連日のウクライナ侵攻批判 正教会代表団に講話

ローマ教皇フランシスコは30日、ウクライナで、

「軍事による征服と拡大主義、帝国主義」が行われているとしてロシアを非難し、

「残虐非道の侵攻戦争」と表現。



教皇は先日、プーチン率いるロシア軍のウクライナ侵略が陰謀説のような発言をしたが、

教皇の立場にある人がそのようなことを述べるのはいかがなものか」と苦言を呈したが。

教皇は、わたしの提言を受けて立場上良くないと反省したようで、連日ロシアを非難。

教皇は、トルコのイスタンブールを拠点とするエキュメニカル総主教の代表団を、

バチカンローマ教皇庁)に迎えて講話し、この衝突はキリスト教徒の間に対立をもたらしていると指摘。

「軍事による征服と拡大主義、帝国主義はイエスが説く王国とは無縁であることを認識する必要がある」と述べた。

教皇は、前日にもクレメンチュクの商業施設攻撃を「野蛮な攻撃」と糾弾、

ウクライナ紛争への言及は2日連続となった。



ロシア正教会のキリル総主教は2月24日に始まった侵攻を声高に支持しており、

こうした言動は世界の正教会分裂を招き、

一部の教会がモスクワ総主教座との関係を断絶する事態となっている。