政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​読テレ、チンピラ解説委員絶好調。

15日の「情報ライブ ミヤネ屋」で、宮根誠司夏休みの代理で司会を務めた、

読売テレビの西山耕平アナウンサーが、高岡達之読売テレビ解説委員長に意見を求め、

恫喝される場面があった。



同番組では、旧統一教会自民党政治家の関係について放送。

西山アナは、統一教会のイベントなどに出席していた萩生田政調会長など議員が、

揃って統一教会関係と初めて知ったと説明することに、

「初めて知ったという言い方が最近多い気がするが、高岡さんはどう思いますか?」と、高岡氏に見解を問うた。

それに対して、高岡氏は「この番組もそうですけど、報道するときにもちゃんと、

政治家の側の説明も僕は流した方がいいと思いますけどね」と、政治家側の言い分を踏まえての質問なのに、

なぜかトンチンカンな疑問を呈す高岡氏。



続けて「萩生田さんこうやって言っていることを今、あなたは『どう思いますか?』って僕に聞きましたけど、

質問に対してこれを受け入れるかは有権者やテレビをご覧になるみなさんが決めること。

ご自身としては、調べた結果をきちっと言ってはおられると思います」と、

これまた矛盾した意味不明の怒りを西山アナにぶつけた。

だとしたら、高岡チンピラ解説員はイラナイということだ。

そして、そう言いながら自身の見解を述べている。意味不明だ。



その上で、「今まで頻繁に報道をしてこなかったマスコミの側が『政治家は何なんだ』というのは、

ちょっと言い過ぎなんじゃないか。おこがましい」と言い放った。

ようは、「メディアは政治家を責めるな」と言っている。

よくぞ、堂々と言えたものだ。

わたしも再三述べているが、、報道しなかったメディアの責任も大きい。

だからと言って、追及の手を緩めろ言うのはおかしい。

むしろ、今までを猛省して真実を暴くべく努力するのがメディアの責務だし今までの反省を生かすことになる。

メディア意外に公に追求できる機関はそうそうない。

高岡チンピラ解説員は何をほざいているのだ。

高岡氏は、元々御用政府の人間で、この問題も当初は政治家を庇っていた。

しかし、一気に流れが政府バッシングになったので、致し方なく所々突っ込むようになった。

本社からも、解説委員長としてもう少し政府バッシングを和らげろと再三言われていたのだろう。



そもそも、宮根氏が同じ質問をしたら、今回のような返答はしなかった。

宮根氏が不在で、一気に爆発したのだろう。

西山アナを無視して、自分が取り仕切るかのように話し、ゲストに質問をした。

それが何よりの証拠だ。

宮根の変わりは高岡と思っていたら、西山が代行になったので、腹の虫が煮えくり返っていた。

そのお陰で、チンピラ高岡の愚の骨頂が前面に出た。

長年、教会の問題を取材してきたジャーナリストの鈴木エイト氏は、

「明らかに本体のイベント。関連団体と言ったことはかなり問題」と萩生田氏の嘘について指摘。

蛇足:毎日暑い暑いと30分も40分も番組内で天気を放送する意味はあるのか。

他にも放送すしなければならない事はいくらでもあるはずだ。