政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

「うまい棒」武藤社長、書類送検。

日本貧困国の証明。

過重労働は主に発展途上国で行われており、それを先進国などが利用している。

うまい棒」過酷労働で作られていた。

まさに、
カスリとっていた。‘@
 

代表取締役 社長 武藤 秀二)

常総労働基準監督署は22日、違法な長時間労働があったとして、

スナック菓子「うまい棒」などを製造する「リスカ」(本社・茨城県常総市)と、

武藤秀二社長を労働基準法違反(過重労働)の疑いで水戸地検下妻支部書類送検した。

発表によると、同社は昨年1月1日から11月30日までの間、常総市内の石下工場で従業員9人に対し、

時間外労働に関する労使協定(36協定)で定められた時間を超えて働かせた疑い。


代表取締役 会長 武藤 則夫)

同労基署によると、労使協定を超えただけでなく、労基法が定める時間外労働の上限である、


1か月あたり100時間以上、または複数月の平均で80時間を超え、

最長で1か月120時間を超過したケースもあったという。

‘@スリカで作られる子供の楽しみと夢は、授業員のカスリ盗られた労力で成り立っていた。