政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​​OPECプラス、来月以降日量10万バレル減産。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は5日、

オンラインで閣僚級会合を開き、10月に日量10万バレルを減産することで合意。

OPECプラスはこれまで増産を続けてきたが、原油価格の下支えのため、一転して減産に踏み切った。



中国でロックダウンが行われ、欧米でも物価高を背景に景気が悪化するとの懸念から、

原油需要が減るとの見方が広がった。

今回の減産合意を受け、5日のニューヨーク原油先物市場で、

テキサス産軽質油(WTI)の価格は一時、2日終値に比べて約4%高い1バレル=90ドル台をつけた。

‘@エネルギーの乱高下は世界を不安定にする。

日本も、エネルギーの自足を加速させなくてはならない。

そのためには岸田総理の英断が求められる。