政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​政府、クーポンでの子育て支援。

政府は、出産に伴う経済的な負担を減らすため、妊娠した女性への「出産準備金」として、

ベビー用品や育児サービスに使えるクーポンを来春にも配布する方針を固めた。

子ども1人当たり10万円を想定し与党と調整する。政府関係者が15日、明らかにした。



関連経費を2022年度第2次補正予算案に計上。

23年度当初予算にも盛り込んで継続的な事業とすることも視野に入れている。

実際に行き渡るのは、自治体での発行準備を経て来春になる見通し。

‘@現金で渡せば、親が何に使うか分からないと非難する。

クーポンで渡せば、中抜きで儲かる業者のための制度と非難する。

金を出さないと出せという。


難しい問題だ。