政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​デーブ・スペクター「太田さんは知らなすぎる」

太田が米本和広氏に強く影響を受けていることが判明。

有田芳生氏とは真逆の意見を持つ「統一教会問題の専門家」として、

太田光サンデージャポンで取り上げた「米本さん」こと米本和広氏。



米本氏はカルト宗教問題を扱うジャーナリストだが、ある時点から統一教会側に取り込まれ、

今では「統一教会の御用ライター」に成り下がったと言われている。

長年、統一教会の問題と対峙している人なら、米本氏の発言は信用しない。

番組内で有田氏は、米本氏が統一教会から一定の便宜を受けていることを示唆したが、

本人が居ないのでこれ以上は氏には触れないとした。

鈴木エイト氏も「偏りがある」とやんわり指摘。

米本氏の著書『我らの不快な隣人 ― 統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇』には、

信者を脱洗脳するために弁護士らが信者を「拉致・監禁」する様子が描かれている。

この点を、この日太田は指摘したのだ。

太田の発言が米本氏と多くの点で符合しているこが、太田が米本に傾倒していることを証明している。




太田の統一教会擁護の「元ネタ」は、統一教会の代弁者米本氏と考えられる。

太田は専門家の間でも意見が分かれるというが、その専門家が米本氏だろう。

統一教会問題と長年戦ってきたほとんどの人は、意見は分かれない。


米本氏は旧統一教会を「批判するふり」をする一方で、

同教団の問題点を指摘する弁護士やジャーナリストへの誹謗中傷を繰り返している。

米本氏は自身のブログで、弁護士の紀藤正樹氏を、

「金儲けのために統一教会問題に取り組んでいたことが発覚」などと批判。

有田氏に対しても「尻軽男とは彼のこと。見境がない。小生が知っているだけで今現在、3人。

統一教会は尾行しているぞ。娘が泣いてるぞ」などと脅している。



米本氏はブログで、<「白か黒か」ではっきり分かれるものなんて、世の中にない。

黒の中にも白があるし、白の中にも黒がある。そういう単純なことを、メディアは理解しません。

だから統一教会バッシング一色になっている>と主張。

これは太田のサンジャポでの「テレビは白か黒かにしたがる」「統一教会問題は白か黒かでは語れない」

といった発言と一致する。

米本氏の代弁者のように発言を繰り返す太田。

それを一生懸命に擁護する杉村太蔵

この日はさすがに、いつも大人しい細野敦弁護士も太田にダメ出しをした。



出演していたひろゆき氏は「ひるおびが訴えられた。ミヤネ屋も訴えられた。

でもサンジャポは訴えられていない。

太田さんが今のやり方を続けてくれるなら統一教会にとってはすごくラッキーってことなんじゃないかな。

このまま番組を続けてほしいということではないか」と指摘。

有田氏が得た情報によれば、山上容疑者の実母が所属する奈良教会では、

太田が統一教会シンパとして紹介されているという。

​​ひろゆき、最悪の行動。

最低野郎だ!



ひろゆき
@hirox246

座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくない?

『座り込み』

その場に座り込んで動かないこと。

目的をとげるために座って動かない。

知らない間に辞書の意味変わりました?



沖大学生自治会
@okidaijichikai
·
辺野古の座り込み行動は、工事のための車両が来る9時、12時、15時に合わせて行われます。

なので、次の日も座り込みをするために、夕暮れごろには誰もいないということはよくあります。

辺野古のことを真面目に考え、報道する姿勢がある人なら、こんな無責任な発言はできません。



やんばるぐらし
@yanbarugurashi

沖縄の反基地運動を冷笑しにやってくる内地からの訪問者は、

なぜ工事車両の搬入が行われない台風襲来時や日曜日、

夕暮れ時を狙ってゲート前にやって来て「辺野古の座り込み、誰もいなかった」と言い散らかすのか。



ひろゆきは、本当に9G。💩

抗議をするなら、ひろゆきが出演しているテレビ局やスポンサーにした方がいい。

テレビ局やスポンサーは猛省すべきだ。

​テレビ朝日 玉川徹氏を謹慎処分。

テレビ朝日は4日、「羽鳥慎一モーニングショー」でコメンテーターを務める玉川徹氏に、

同日付で謹慎処分(出勤停止10日間)を下したと発表。



玉川氏は9月28日の同番組に出演した際、菅義偉前首相が、

同27日の安倍晋三氏の国葬で読んだ弔辞について「電通が入ってますから」などと発言。

翌日の番組で「事実ではありませんでした」と謝罪。

玉川氏は28日番組で、菅氏の弔辞について「これこそが国葬の政治的意図」と指摘。

「僕は演出側の人間としてテレビのディレクターをやってきましたから、

それはそういうふうに作りますよ。政治的意図がにおわないように、制作者としては考えますよ。

当然これ、電通が入ってますからね」と、具体的に企業名を出し作られたものだと指摘していた。



‘@玉川氏には、この頃おかしいよと指摘して来た。

こういう結果になって残念だ。

以前にも記したが、新型コロナワクチン至上主義のような話をし出してからおかしくなってきた。

​マスク氏がウクライナ戦争終結案提示。

テスラのCEOなどを務める実業家イーロン・マスク氏が3日、ツイッターで、

自らウクライナにおける戦争終結計画を提案してその是非を問う投票を呼びかけた。

が、ウクライナのゼレンスキー大統領やリトアニアのナウセーダ大統領らから批判的な投稿が寄せられた。

マスク氏は、ロシアが一方的に併合を宣言したウクライナ4州について、

国連の監視による選挙を通じて改めて住民の意思を問うべきで、

「住民の意思が示されればロシアは立ち退く」と主張。



またロシアが2014年に強制的に自国領土にしたクリミア半島を正式なロシアの一部として承認し、

クリミアへの水資源供給を保障した上で、

ウクライナが中立を堅持するという考えに賛成か、反対か答えてほしいと呼びかけた。

これに対してゼレンスキー大統領は自身も投票を求める形で、

イーロン・マスクさん、あなたはウクライナを支持する提案とロシアを支持する提案のどちらが好ましいと思いますか」と返信。

ナウセーダ氏は「イーロン・マスクさん、誰かがあなたのテスラ車の車輪を盗もうとしていても、

その人たちが車輪や車全体の正当な持ち主になるわけではない。

投票で支持が得られたとしても、それは口先だけの話にすぎない」と投稿。



マスク氏はさらに「では、ドンバス地域とクリミアに住む人々の意思で、

ロシアとウクライナのどちらに属するかを決めるというのはどうか」と別の投票を呼びかけた。

マスク氏は、自分の提案が不評でも気にしないし、本当に心配しているのは、

「基本的に同一の結果になるのに、何百万人もが必要のない死を遂げるかもしれない」という点だと強調。

同氏は「ロシアの人口はウクライナの3倍以上で、ウクライナが全面戦争で勝利する公算は乏しい。

ウクライナ国民の身の上を案じるならば和平を求める」と訴えた。



マスク氏は「スペースXはウクライナスターリンクの提供・サポートにこれまで約8000万ドルを費やしている。

ロシアへの支援はゼロ。明らかにわれわれはウクライナ支持派だ」ともツイート。

教師崩壊。

愛知県東海市の小学校で9月、教頭が男子児童を廊下に連れ出し、放り投げるなどの暴行。



東海市教育委員会 加藤千博教育長によると、9月27日、小学校の教頭(46)が、

授業中に3年生の男子児童(8)を注意する際、右腕を強く引っ張って教室から廊下に連れ出し、放り投げた。

男子児童は机などに背中や足をぶつけたり、廊下で尻もちをつき、

帰宅後に手首や肩の痛みを訴えたが、ケガはなかった。

教頭は当時、児童らに落ち着きがなく応援に来てほしいとの担任教師(54)の求めに応じて、

教室に赴いていて「注意を聞いてもらえず感情的になった」と話しているという。



兵庫県姫路市の姫路女学院高校で、9月24日、ソフトボール部の1年の女子生徒(16)が、

大会にユニフォームを忘れたことに気付き、母親に連絡をした。

事情を聞いた母親が、顧問である41歳の男性教師に連絡をすると、そこで顧問は忘れ物をしたことに激怒。

教師は電話口で母親に「1発どついていいですか」と言ったという。

その後、教師は謝るために近づいた生徒の頬をいきなりたたき、

女子生徒はたたかれた衝撃で口の中が切れ、あごが外れた状態に。

教師は生徒を叩いた後、「帰れ!お前なんかいらん!」と暴言を浴びせたという。

生徒は許してもらおうと、あごが外れた状態で5時間以上、教師の側に立ち続けた。

しかし、そんな生徒に対して教師は「お前なんかいらん。おらんでもいい」などと暴言を浴びせ、

生徒は泣きながら帰宅。

その翌日も、教師はスパイクを履く女子生徒の尻を2回蹴り、頭をたたくなどの暴行を行ったという。

女子生徒は全治1カ月と診断され、精神的ショックも大きく登校できない状態だという。

生徒からは「怖い先生がいるから、めっちゃ厳しいイメージがある」との声が聞こえる。

女子生徒側は警察に被害届を出す方針。

男性教師は暴行を認めていて、高校は懲戒処分を検討している。



‘@40代のそれも権力を持った大人が、子供に暴力をふるう。

いまだ、このような行為が繰り返されている。

学校の責任も重大だと言いながら、教頭がやっているようではどうしようもない。

いままでも、表ざたになっていないだけで同様の行為はあったのだろう。

ソフトボール部顧問の男性も、なぜそこまで暴力的になれるのか。

生徒たちも今まで我慢してきて、親たちも知りながら見過ごしてきた結果だろう。

親たちも強くなれば多少の暴力はという考えを捨てなくてはいけない。

怒りでしかない。教師の資格なし。

​東電、トリチウム(β線検知できない線量計で安全強調。

専門家「印象操作と言われても仕方ない」


こんなことをしているから東電は信用されない。



東京電力福島第一原発の視察者に、放射性物質トリチウムが検知できないうえに、

セシウムについても高濃度でないと反応しない線量計を使い、

処理水の安全性を強調する宣伝を繰り返していることが東京新聞の取材で分かった。

専門家らは「処理水の海洋放出に向けた印象操作と言われても仕方ない」と批判。

処理水は、原子炉内に溶け落ちた核燃料の冷却で出た高濃度汚染水を、

少なくとも2回除染し、基本的には微弱なベータ線を発するトリチウムを含むだけの状態にしたもの。



トリチウムは除染設備でも除去できない。

視察ツアーでは、放出基準の約15倍のトリチウムを含む処理水入りのビンに、

ガンマ線のみを検出する線量計を当てて反応のない様子を示す。

東電によると2020年7月から約1300団体・1万5000人に見せている。

本紙は9月14日の取材時に説明を受けた。

担当者は、建屋の高濃度汚染水に含まれる放射性物質のうち、ガンマ線を発するセシウムなどは除去し、

処理後の水は周囲の放射線量と同等になっていると説明したが、ベータ線用の測定器を使っていない以上は、

線量計を反応させるほど高濃度のセシウムは含まれない」といえるにすぎない。

元京都大複合原子力科学研究所研究員の今中哲二さんは、

トリチウムのエネルギーは弱い。ろ紙などに染み込ませてベータ線測定器を当てても、

もっと濃度が濃くないと反応は出ないだろう」と指摘。



東京大大学院の小豆川しょうずがわ勝見助教環境分析化学)は、

「科学的には全く無意味。ガンマ線セシウムだと1リットル当たり数千ベクレル入っていなければ、

線量計は反応しない。

セシウムが放出基準(同90ベクレル)の数十倍入っていても『入っていない』印象を与える」と話した。

東電は「実演は、外部被ばくで人体に影響を及ぼすガンマ線が低減されていることを説明するのが目的。

ベータ線を発するトリチウムが、放出基準値を超えていることも説明している」と主張。

実演のあり方については「さまざまな工夫をしながら取り組む」と説明。



‘@東電の腐った性根は治っていないようだ。

それは、自民党与党も同じ。

汚染水を何とか処理したいので、誤魔化してきたのだ。

それをコメンテーターなども「早く海に流すべきだ」と、反対派の意見を抑え込んで訴えて来た。

丁寧な説明と事実関係が求められる。

「核使用すれば黒海艦隊を殲滅」

プーチンウクライナ4州のロシアへの編入を強行し、

この地方の奪回は「ロシアに対する攻撃」と見なし核兵器で反撃する口実を作った形だが、

NATOは、その場合ロシアの黒海艦隊の殲滅など壊滅的な打撃を与えると警告しているようだ。



米国を訪問していたポーランドの ズビグニェフ・ラウ外相は、

27日NBCテレビの報道番組「ミートザプレス」に出演。

ロシアのプーチン核兵器使用も辞さないという態度を示していることについて、

「我々の知る限りプーチンは戦術核兵器ウクライナ国内で使用すると脅しており、

NATOを攻撃するとは言っていないのでNATO諸国は通常兵器で反撃することになるだろう」と語った。

ラウ外相は続けて、「しかしその反撃は壊滅的なものでなければならない。

そして、これはNATOの明確なメッセージとしてロシアに伝達している」と言及。



これに先立ち、ホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障問題担当補佐官は、

25日の「ミートザプレス」に出演し、ロシアが核兵器を使用した場合は、

「ロシアに破滅的な結果を与える」と述べ、

これはロシアの当局者との個人的なやりとりを通じてロシア側にはっきりと伝えてあると言明。

21日英紙「デイリー・メイル」電子版には、2018年まで米陸軍欧州司令官をしていて、

今はシンクタンク欧州政策分析センターの戦略研究の責任者をしている、

ベン・ホッジス退役中将がインタビューに次のように語っている。

プーチンウクライナで核攻撃を命令する可能性は非常に低いと思う。

しかし、もし戦術的な大量破壊兵器が使われたならば、

バイデン大統領の素早く激しい反撃に見舞われることになるだろう」



その具体的な作戦についてホッジス氏は、

「米国の反撃は核兵器ではないかもしれないが、そうであっても極めて破壊的な攻撃になるだろう。

例えばロシアの黒海艦隊を殲滅させるとか、クリミア半島のロシアの基地を破壊するようなことだ。

だからプーチンや彼の取り巻きたちは米国をこの紛争に巻き込むようなことは避けたいと思うはずだ」と述べた。

米軍の元司令官の推測は重い。

ロシア海軍は最近クリミア半島のセバストポル基地に駐在させていたキロ級攻撃潜水艦を、

ロシア南部に移動させたと英国国防省が明らかにしている。



間違いなく物事は動いているようだが、ボタンは押されるのか。

世界中の専門家の多くは、ロシアはウクライナに侵攻しないとしていたが、プーチンは実行した。

今回、核攻撃をプーチンは「ハッタリではない」と強調しているが、

米国やNATOの警告でプーチンを思い止まらせることが出来るのか。