政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

岸田総理

​能登半島地震対応予備費40億円「少なすぎる」はミスリード。

4日、岸田総理は能登半島地震に対応するため、40億円規模の予備費の使用を9日に閣議決定することを記者会見で表明。これについて、SNSを中心に「道路や岸壁が壊れていて40億円で済むわけがない、少なすぎる」「万博リング予算の350億円と比較しても10分の1し…

​ロシア、日本に「重大な結果」と警告。

日本が米国にミサイル輸出で。ロシア外務省のザハロワ報道官は27日、日本が地対空ミサイルシステム「パトリオット」を米国に輸出することを決定したことについて、ウクライナに供与されれば日本は「重大な結果」を負うことになると警告。

​国谷裕子氏、クロ現にゲスト出演。

痛いところを突かれ、菅義偉 元総理に更迭させられた 国谷裕子氏。NHKクロ現にゲスト出演。田崎史郎しも述べていたが岸田総理にはそういった介入や圧力はない。

​日本政府、米国にパトリオット輸出へ。

政府は22日に改定する防衛装備移転三原則と運用指針を踏まえ、米国企業のライセンスに基づき、日本で生産している地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を米国に輸出する方針を固めた。米国からの要請があり、同日にも決定する。複数の関係者が19日、明らかにし…

​自民支持率急落17%。

立憲上昇で3ポイント差。16、17日実施の毎日新聞世論調査では、自民党の政党支持率が11月比7ポイント下落の17%になった。一方、野党第1党・立憲民主党の支持率は5ポイント上昇の14%となり、これまで大きく開いていた両党の支持率差は3ポイントとなった。無…

​NTT、グループ会社経由で自民党側に献金。

三浦誠・赤旗社会部長。法律で献金を禁じられているNTTがグループ会社経由で自民党側に多額の献金をしていることを、しんぶん赤旗が報じました。10年間でグループ3社が合計1.5億円も献金しています。NTT本体は国が大株主。献金をする方も、もらう自民もモラ…

日本に「化石賞」4回連続。

国際環境NGO、日本は「脱炭素見せかけているだけ」国際環境NGO「気候行動ネットワーク」は3日、温暖化対策に後ろ向きな国に贈る不名誉な賞「化石賞」に日本を選んだと発表。同NGOは発表で、日本が脱炭素につながるとして、水素やアンモニアを化石…

キックバック認めた塩谷座長、一転否定。

所属議員に対しノルマを超えた売り上げを払い戻すキックバックを行っていたことを認めた塩屋座長。塩屋は何をバカなことを言っているのだ。何で認めたのだ、ふざけるな、撤回させろ。自民党が持たないぞ。それでなくても岸田内閣の支持率は最低なのに。ふざ…

​「ちゃんとやれよと岸田に言いたい」 

「大臣を呼べ、大臣を出せ」と言いながら防衛省前で警備員に包丁を突きつけたとして、45歳の飲食店店長の男が逮捕された。警視庁によると、都内の飲食店店長の容疑者は先月、防衛省の正門前で40代の警備員の男性に対し、「大臣を呼べ、大臣を出せ」と言いな…

​閣僚ら「高額会食」120件、懐石に90万円。

総務省が24日に公表した2022年分の政治資金収支報告書では、第2次岸田再改造内閣の岸田総理と政務三役(辞任した3人を含む)のうち10人が代表を務める政治団体で、飲食や会合などの名目で1件当たり10万円以上支払ったケースが計120件あった。物価高で岸田総…

​岸田総理 “トリガー条項” 検討を進める。

ガソリン税の上乗せ部分の課税を停止する「トリガー条項」について、岸田総理は22日、衆議院予算委員会で、凍結解除も含め検討を進める考えを示した。そして、自民党の萩生田政務調査会長に対し、与党と、「トリガー条項」の解除を求める国民民主党との間で…

​岸田総理、白タク「速やかに実行する」

岸田総理は、20日の衆院本会議で、一般のドライバーが自家用車を使って有料で人を運ぶ「ライドシェア」について、「年内をめどに方向性を出し、できるものから速やかに実行していく」と表明。

​​今井議員、政治資金パーティースペルミス。

「今井絵理子感謝祭2023INVITATON」 11月14日、今井絵理子議員の政治資金パーティーが開催された。今井絵理子参議院議員がポーズを取りながら、微笑んでいる。11月初旬、自民党議員たちの事務所ポストに今井の政治資金パーティーの案内状が投函された。'21年…

​武器輸出ルール見直し、議論も議事録も非公開。

官邸は自公に『記者に言うな』命令自民、公明両党は17日、防衛装備品の輸出ルール緩和に向けた協議で、武器を構成する部品の扱いなどについて意見を交わした。政府・与党は年内のルール見直しを目指すが、議論は密室で行われ、議事録も非公表。政府は与党で…

​政府「ガザ停戦」求めず。

野党は批判。パレスチナ自治区ガザでの即時停戦を呼びかけるかどうかで、政府は、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃を事実上追認。親イスラエルの米国との協調を重視する姿勢をにじませた。野党は「中東でのバランス外交を失った」と批判。9日の…

​神田財務副大臣「税金の滞納があったのは事実」

神田憲次財務副大臣は、税金の滞納を繰り返していたと報じられた問題で「過去に税金の滞納があったのは事実」と認め、謝罪。「税金の滞納により市税事務所から差し押さえを受けたことがあるのは事実です。この点においては深く反省をいたしております」神田…

​​金沢大学、クラウドファンディングでトイレを。

金沢大学生の一人ひとりが安心して使えるトイレを少しでも増やすために。金沢大学が金沢城内からキャンパスを現在の角間地区に移転し、34年が経ちました。学生の皆さんが快適なキャンパス生活を送れるよう食堂などの福利厚生施設について再整備を進めていま…

日本政府、南鳥島でレアアースの採掘開始へ。

政府は日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)沖の海底で確認されているレアアース(希土類)について、令和6年度中に試掘を始める方向で調整に入った。複数の政府関係者が21日、明らかにした。経済対策を反映する5年度補正予算案に関連経費を盛り込む。…

「反日」がアラブの一部で高まる。

「絶対に日本製品は買わない」イスラエルとイスラム組織ハマスの衝突を巡り、アラブ人らイスラム教徒から日本への批判の声が出ている。16日の国連安全保障理事会で、ロシアが提出した停戦決議案に日本も反対したことが反発を招いたようだ。日本は米国、英国…

岸田内閣支持率なぜ下落する。

毎日(25%)、朝日(29%)、時事(26.3%)、読売(34%)、共同(32.3%)、と、軒並み過去最低を更新。時事通信の10月調査によると、「18~29歳」の支持率は10.3%。「30歳代」も18.1%。支持率は、年齢にほぼ比例し、「70歳以上」が36.0%と一番高かっ…

​政府有料チャーター機「退避搭乗8人は想定外」

政府がイスラエルからの出国を希望する在留邦人向けに手配した大型ジェットのチャーター機について、搭乗希望者に1人3万円の負担を求め、利用者が8人しかいなかった。外務省でも搭乗者数の少なさは「想定外」で、省幹部は「調査で把握していた人数よりずっと…

「Dappi」野党虚偽攻撃、業務だった。

被告企業敗訴 「投稿は社長の指示」 立憲民主党などの野党批判を繰り返したX(旧ツイッター)の匿名アカウント「Dappi」による虚偽の投稿で、名誉を傷つけられたとして立民の小西洋之、杉尾秀哉両参院議員が東京都内のIT関連企業「ワンズクエスト」と社長ら…

​​日本政府、世界の打ち出の小槌。

ルワンダに20億円の無償資金協力。リビア4億5千万円。モザンビーク2億円フィジー1憶円アルメニア・アゼルバイジャン3億円パラグアイ・トーゴ7億南スーダン29億ヨルダン150億アルゼンチン563億円ブータン29億パレスチナ93億レバノン9.7億ホタテ207億アジア脱…

岸田政権、聞く耳持たない2年間。

岸田文総理は3日、政権発足から4日で2年を迎えるのを前に首相官邸で記者団の取材に応じ、エネルギー危機や物価高への対応、ロシアによるウクライナ侵略といった課題を挙げ、「一つ一つ正面から向き合い、決断し、実行する。こうしたことを続けてきた2年…

岸田総理、日朝関係者が接触「コメント控える」

岸田総理は29日、日本政府関係者が北朝鮮の拉致問題に関連し、今春に2回、朝鮮労働党関係者と接触していたとの一部報道について、「報道は承知しているが、事柄の性質上、コメントすることは控える」と述べた。総理は「拉致問題は被害者ご家族の高齢化等を考…

​​1年前と比べ「ゆとりがなくなってきた」56.8%。

日銀の「生活意識に関するアンケート調査」(6月調査)によると、​現在の暮らし向きを1年前と比べ「ゆとりがなくなってきた」と答える人が56.8%に上り、2022年12月調査より3.8ポイント増えた。一方で、野村総合研究所の推計では、2021年の純金融資産保有額1…

キャリア官僚なり手不足。

国家公務員のなり手不足が深刻となる中、有識者が対策を話し合う会議が初めて開かれ、人事院の川本裕子総裁は「聖域なく大胆に取り組みたい」と述べ、時代に即した人材の確保や育成に向けた具体策を検討するよう要請。‘@安倍政権の負。官僚を矢面に立たせ苦…

​岸田総理、二階氏に訪中要請。

岸田総理は30日、自民党本部で二階元幹事長と会談。中国が反発している福島第一原発の処理水の海洋放出を念頭に、事態打開に向けて二階氏に中国訪問を要請。関係者によると、会談で岸田総理は「中国側と話せるのは二階議員しかいない。ぜひ中国を訪問してほ…

認めない日本政府に、米キレる。

米国防総省が “日本の隠蔽” にキレた! 防衛省から盗まれた「台湾有事迎撃計画」「最初のステップは問題を抱えていることを認めること、そして次のステップは問題の深刻さを認めることだ」(米国防総省高官)2020年の秋、防衛省の機密情報が中国当局にハッキ…

「後進国だったことに愕然」岸田総理いまですか会見。

「後進国だったことに愕然」岸田総理会見。岸田総理は4日に会見を開き、「マイナ保険証」をめぐる混乱への対応、そして日本のデジタル化への決意を表明。。「2020年に私は党の政調会長としてコロナとの戦いの最前線に居た。その際に我が国のデジタル化の遅れ…