政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

S&P、ロシア企業の格付け無に。

S&Pグローバル・レーティングは21日、全てのロシア企業の格付けを、

4月15日までに取りやめると発表。



親会社のS&Pグローバルは数週間前、ロシアのウクライナ軍事侵攻で、

欧米諸国が科した経済制裁でロシアから資金が流出する中、

同国での商業活動を停止していると発表。

ムーディーズとフィッチもロシアで商業活動を停止している。

‘@ロシアにとっては、だから、なに、ということだろう。