政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

​サウジ政府系ファンド任天堂第2位の大株主に。

サウジアラビアの政府系ファンドであるパブリック・インベストメント・ファンドは5月18日、

財務省に対し大量保有報告書を提出、任天堂の株式の5.01%を保有していることを明らかにした。

日本マスタートラスト信託銀行に次ぐ、任天堂の第2位の大株主となった。

任天堂株の保有目的としては、大量保有報告書にて「純投資」であると記載。

パブリック・インベストメント・ファンドは、サウジアラビアの政府系ファンド。



取締役会長を務める同国のムハンマド・ビン・サルマン皇太子。

その投資先には日本のゲーム会社が含まれており、

今年に入ってカプコン(6.09%)やコーエーテクモ(5.03%)、

ネクソン(9.14%)などの株式を相次いで取得(括弧内は各社での持ち株比率)。

そうしたなか、新たに任天堂の株も取得した。

また昨年には、海外のゲーム会社にも投資している。