政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

中国

中国の「天問1号」火星に着陸。

火星は着陸が難しいことで知られている。これまでに旧ソ連や欧州宇宙機関なども挑んだが、ことごとく失敗してきた。日本も、火星軌道への投入を目指した探査機「のぞみ」が失敗に終わっている。火星は月よりはるかに遠く、通信に片道10分以上かかるため、ト…

​謎の脳損傷、米外交官ら130人以上。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12日、キューバや中国に駐在していた米外交官らが脳に損傷を受ける事例が、2016年から相次いでいる問題で、被害者の数はこれまで知られていた、約60人よりはるかに多い130人以上に上ると報じた。欧州や中…

​中国の大型ロケット、制御不能。

米国防総省は、制御不能になった中国の大型ロケット「長征5号B」が、この週末にも大気圏に再突入するとみて、追跡を続けていることを明らかにした。長征5号Bは8日前後に地球の大気圏に突入する見通しで、米宇宙軍が軌跡を追跡している。正確な突入地点…

日米、楽天を共同監視。

日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めた。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社が3月に大株主となったことで、日米の顧客情報がテンセントを通じて中国当局に筒抜けになる事態を警戒。日本政府が外為法に基づい…

日米共同声明、台湾問題とウイグル人権問題を明記。

日米両政府は17日、菅首相とバイデン大統領による、日米首脳会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表した。声明では、台湾問題について「日米両国は、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。中国による…

中国、いかなるCPU特許にも抵触しない「LoongArch」自主開発。

中国・龍芯中科技術有限公司の公式Weiboによると、 同社が完全に自主開発したCPU命令アーキテクチャ「LoongArch」が、 中国国内の知的財産を評価する第三者機関の評価を経て、 信息技術応用創新フォーラムで正式に対外的に発表された。 LoongArchは同社が202…

中国GDP前年同期比18.3%増。

1~3月期、過去最高の伸び幅。中国国家統計局が16日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比18・3%増だった。前年同期が新型コロナウイルスの感染拡大の影響で6・8%減と、初のマイナス成長に沈んだ反動もあ…

中国、麻生大臣「処理水飲んでみて」

中国外務省の趙立堅副報道局長は14日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水について、日本の麻生太郎財務大臣が、「飲んでも何てことはないそうだ」との発言を踏まえ、「飲めるというなら飲んでみてほしい」と述べた。趙氏は「太平洋は日本の下水道…

米政府、処理水放出「世界基準に合致」と評価。

米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて,「日本政府が幾つかの選択肢と影響を比較考慮したことを米国は認識している」と評価した。その上で、「独特で困難な状況において、日本は透明性…

​佐川急便、中国製EV7200台採用。

SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして、中国の自動車・部品メーカー、広西汽車集団の小型商用の電気自動車(EV)を7200台採用することを決めた。EVの普及で先行する中国製のEVが日本に本格上陸する事例となる。供給するEVは軽自…

​在中国大使館、中国人採用者110人がビザ発給業務。

外務省、少数民族の情報漏れリスク懸念 外務省は2日の衆院外務委員会で、在中国日本大使館で、現地の中国人ら282人を採用し、そのうち110人が査証(ビザ)発給業務に関わっていることを明らかにした。中国は国家情報法に基づき、中国国民に政府の諜報…

「LINE通信、中・韓傍受」の反論記事削除。

2014年「韓国の情報機関がLINEの通信を傍受している」とした報道に対し、当時LINE社の社長だった森川亮氏が反論していた記事が、21年3月30日までに削除されていた.森川氏は削除した理由などについて「回答を控える」としている。「FACTA」電子版は14年6月に…

アシックス、一転、ウイグル問題めぐる声明撤回。

ウイグル地区での人権問題を発端に、「H&M」や「パタゴニア」などの企業が、新疆綿の取り扱いを止めると発表したが。アシックスは25日、「中国の主権と領土を断固として守り、中国に対する一切の中傷やデマに反対する」などと表明。しかし。この声明には日本…

アシックス「中国に対する一切の中傷とデマに反対する」

兵庫県に本社を置くスポーツ用品大手・アシックスの中国法人は3月25日、「中国に対する一切の中傷やデマに反対する」と声明を発表した。中国SNS・ウェイボーで、引き続き新疆ウイグル自治区産の綿花を購入するとも発表。声明は日本の本社の了解を得て出され…

​中国軍20機、台湾の防空識別圏に入る。

台湾の国防部(国防省)によると、中国軍の戦闘機、爆撃機など計20機が26日、台湾南西部の防空識別圏を飛来した。爆撃機など一部は台湾南東沖まで飛行した。20機のうち戦闘機は12機で、爆撃機「轟(H)6」が4機。ほかに対潜哨戒機「運(Y)8」…

中国の台湾侵攻「多くの人が理解しているより切迫」

米インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)は23日、中国による台湾侵攻の脅威は深刻であり、「多くの人が理解しているよりも差し迫っている」との認識を示した。アキリーノ大将は、上院軍事委員会の指名承認公聴会…

北朝鮮、短距離巡航ミサイル発射。

日本は把握していなかったのか。韓国軍関係者は24日、北朝鮮が21日、平安南道・温泉付近から黄海に向け、短距離の巡航ミサイル2発を発射したと明らかにした。これに関し、米政府高官は電話記者会見で、北朝鮮が「短距離システム」の実験を行ったとし、…

中国漁船、南シナ海200隻超集結。

フィリピン政府は21日、中国と領有権を争う南シナ海の南沙諸島周辺に、7日に中国の海上民兵が乗船しているとみられる中国の漁船約220隻が、集結、停泊しているのを確認したと発表。ロレンザーナ国防相は「海域を軍事化する挑発的行動」と中国を非難。…

EUと米国が中国に制裁。

欧州連合(EU)は17日の大使級会合で、中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害をめぐり、中国政府高官4人と1組織に制裁を科す方針で一致した。昨年末に導入された「深刻な人権侵害」を対象とする制裁を発動。EUへの渡航を禁じ、資産を凍結する。中国…

LINE、日本を中国に売る。

LINEの日本の利用者の個人情報などが、中国の委託先でダダ洩れに。LINEなどによると、アプリのシステムの管理を中国の会社に委託しているが、2018年から中国人の技術者が日本国内のサーバーに保管されている、利用者の名前や電話番号、それにメールアドレス…

バッハ会長、東京五輪、「中国製ワクチン提供」

IOCの定例総会がオンラインで今月10日から3日間の日程で始まった。バッハ会長は、東京大会と北京大会について、希望する選手や関係者に対して、中国製のワクチンを提供する考えがあることを明らかにした。2日目の11日は、オリンピックの組織委員会による準備…

​中国ハッカー、米総攻撃。

米国でマイクロソフトのメールシステムの脆弱性を突いたサイバー攻撃が広がっている。マイクロソフトによると中国系ハッカーが関与したとみられ、米政府も警鐘を鳴らす。被害は米国の中小企業など約3万の組織に及ぶとの推計もある。サキ大統領報道官は5日の…

米、尖閣「立場を支持する」発言を修正。

米国防総省のカービー報道官は26日、沖縄県・尖閣諸島の主権に関する日本の立場を支持するとした先日の自身の発言について、「修正したい。尖閣諸島の主権をめぐる米政府の方針に変わりはない」と述べた。同氏は24日、記者団に「尖閣諸島における日本の…

​中国、一部入国者に「肛門PCR」実施。

中国当局が入国時に課している新型コロナのPCR検査で、中国に反している国の一部入国者に対して、肛門からの検体採取を行っている。中国は入国の際にPCR検査を義務づけており、これまで鼻や喉から検体を採取していたが、中国メディアなどによると、1…

​米、尖閣沖での日本の領海への侵入やめるよう。

沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船が日本の領海への侵入を繰り返していることについて、アメリカ国防総省のカービー報道官は23日の記者会見で、「誤算や物理的な損害にもつながるおそれがある。中国に対して海警局の船を使った行動をやめるよう求め…

WHO調査団、中国「12月中旬以前から拡散していた可能性がある」

武漢からスイスに戻った調査団長のピーター・ベン・エンバレク氏はCNNのインタビューを受けた。調査団はWHOの専門家17人と中国人17人で構成。新型コロナウイルスの、13の異なる遺伝子配列を初めて収集できたとエンバレク氏は説明する。この情報…

中国海警局4隻が領海に侵入。

外務省も外交力だけで侵入を止めるのは困難との見方を外交部会で認めた。沖縄県の尖閣諸島の沖合で、15日から16日朝にかけて、中国海警局の船4隻が相次いで日本の領海に侵入。いずれもすでに日本の領海から出たが、このうち1隻には砲のような武器が搭載され…

WHO、新型コロナで中国視察。

新型コロナの発生源などの解明に向けて、中国・武漢を訪れている、 WHO(世界保健機関)の国際的な調査チーム。 日本を含む各国の専門家で作るWHOの調査チームは、 先月29日から武漢での本格的な現地調査を始め、患者の対応にあたった病院を訪れて、 医療関…

WHO中国調査団の2人、コロナ抗体検査で陽性。

WHOは14日、中国で新型コロナウイルスの起源調査に臨む予定の専門家2人が、 同ウイルスの抗体検査で陽性と判定され、シンガポールに足止めされていることを明らかにした。 WHOは先に、国際調査団が武漢入りしたと発表していたが、 その後、うち2人がまだ到着…

​中国、邦人2人の実刑確定、スパイ罪。

中国でスパイ罪などに問われた日本人2人が、 1審の実刑判決を不服として上訴した訴訟の判決公判が、 昨年に北京でそれぞれ開かれ、2件とも棄却されていた。 中国は二審制のため、懲役刑が確定。 棄却されたのは2019年に懲役6年の判決を受けた日中青…