政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

中国

​スリランカが「破産」宣言。

経済危機に直面しているスリランカのウィクラマシンハ首相は5日、議会で演説し、国の「破産」を宣言。危機的状況は来年も続く見通しで、混乱の長期化は必至。ガソリンなどの燃料が極度に不足。給油所で自動車に乗って数日間列に並んでいた60歳の男性が車内で…

​中国不動産大手が、デフォルト。

中国の不動産大手の世茂集団が、ドル建て債の元利金について期限までの支払いができず、債務不履行(デフォルト)に陥ったことが5日までに明らかとなった。不動産大手「世茂集団」は3日、およそ10億ドル分のアメリカドル建て債務について、期限だった3日ま…

​米英仏大使、中国でロシア非難。

4日、米・英・仏の駐中国大使は、清華大学主催の「世界平和フォーラム」に出席。ロシアのウクライナ侵略を批判した。ロシアの行動を非難していない中国でこうした公開フォーラムが開かれるのは異例。主催者によると、国連安全保障理事会常任理事国5カ国の…

​中国10億人分データ流出か。

中国・上海市の警察のデータベースに侵入し、住民最大10億人分の個人情報を盗んだとハッカーが主張。した。専門家によると、同国史上最大のサイバーセキュリティー攻撃の可能性がある。オンラインのサイバー犯罪フォーラムに先週掲載された匿名の投稿による…

​塩野義のコロナ飲み薬、中国で承認申請へ。

塩野義製薬は4日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、中国での承認申請を目指す方針を明らかにした。中国の保険最大手「中国平安保険」との合弁会社を通じ、規制当局に対し、臨床試験(治験)データの提出を始めた。申請前にデータを提出…

中国人スパイ、国際手配。

警視庁公安部は昨年12月、中国人民解放軍による日本へのサイバー攻撃に関与した疑いで、中国籍の元留学生王建彬(おう・けんひん)容疑者(36)の逮捕状を取った。既に出国しているため公安部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する方針。…

わたし「香港を乱してはならない」 

香港で1日、返還25年の記念式典があり、習近平国家主席が演説。習氏は「愛国者による香港統治」を実現し、香港に「繁栄と安定」をもたらしたと虚偽を強調。また、香港に高度な自治を認めた「1国2制度」が「成功だった」と自賛し、中国共産党による統治を正当…

​対日世論調査、中国に次ぐ2位に。

外務省は25日、東南アジア諸国連合(ASEAN)で1月に実施した「対日世論調査」の結果を公表。主要20カ国・地域(G20)の中で今後重要なパートナーとなる国などを選ぶ質問(複数回答可)では、日本を選んだのは前回比8ポイント減の43%で、中国(48%)に次ぐ2…

中国 先進国に過去最高水準で嫌われる。

先進国では、中国について「好ましくない」との印象を持つ人が増加。特に米国やドイツ、韓国などでは批判的な見方をする人が過去最多水準に上る。米調査機関ピュー・リサーチ・センターが19か国の成人2万4525人を対象に、2月14日から6月3日にか…

西武HD、国内31施設の譲渡益約800億円。

西武ホールディングスは30日、「ザ・プリンスパークタワー東京」など、国内31施設の売却益が約800億円になると発表。同社は2月、シンガポール政府系投資ファンドのGICの関係会社と基本協定書を結んでいた。譲渡価格は1471億円、帳簿価格は6…

​中国、G7の途上国支援に反発。

「一帯一路汚すな」中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は27日の記者会見で、G7サミットで途上国への6千億ドル(約81兆円)のインフラ投資支援が表明されたことに対し、「インフラ建設を名目に地政学政治を推進するたくらみや、『一帯一路…

フィリピン、中国との南シナ海共同開発打ち切り。

フィリピンのテオドロ・ロクシン外相は23日、中国との南シナ海でのエネルギー共同開発事業について、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領から交渉を打ち切るよう指示があり、終了したと発表。両国はいずれも南シナ海の領有権を主張しているが、2018年、海洋資源を活…

​中国「日本はあれこれ言うな」

中国外務省の汪文斌副報道局長は21日の記者会見で、中国が東シナ海の日中中間線の中国側海域で、ガス田の掘削施設を完成させたことに関し、「全く争いのない中国の管轄海域での活動だ」と主張。「日本はあれこれ言うべきではない」と反発。汪局長は、ガス田…

​フィリピンの電力網、中国が「いつでも遮断可能」

フィリピンの電力供給網は中国政府の支配下にあり、紛争の際には遮断される可能性があるという議員向けの内部報告書の存在が明らかになった。中国の送電会社の国家電網は、フィリピンの送電企業NGCPの株式の40%を保有。民間の合弁企業のNGCPは2…

​中・ロ首脳が電話会談。

ウクライナで意見交換 協力拡大で合意。中国の習近平国家主席は15日、ロシアのプーチンと電話会談をした。中国中央テレビ(CCTV)によると、習氏は、「核心的な利益や主権、安全保障の重大な懸念に関して(ロシアを)支持し続ける用意がある」と表明。ウク…

中国 約8000億円が出金停止に。

中国の銀行で8000億円規模の預金が引き出せなくなっている問題で、返金を求めて抗議する市民らが次々に連行される事態となっている。中国の投資会社傘下の複数の地方銀行では、4月から8000億円規模の預金が引き出せなくなっている。銀行とも連絡が…

​中国の配車ディディ、米市場撤退。

中国当局から圧力。中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)は13日までに、米ニューヨーク株式市場から撤退。中国の習近平指導部は影響力を持つ中国IT大手への統制を強化し、ディディに対しては「違法に個人情報を収集している」としてアプリのダウン…

中国 台湾産養殖魚の輸入停止。

去年、台湾産の果物を相次いで輸入停止とした中国の税関当局が、今度は台湾産の養殖魚について、禁止薬品の検出を理由に13日から輸入を停止。台湾の与党・民進党は「政治的な圧力だ」と憤る。農業委員会は「禁止薬品が検出されたとしても返送するか廃棄する…

​中国、台湾めぐり「戦争ためらわない」

中国の魏鳳和国防相は10日、アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)出席のため訪れたシンガポールで、ロイド・オースティン米国防長官と初めて対面で会談。台湾が独立を宣言した場合、中国は「戦争開始をためらわない」と警告。米中間では最近、…

​​ロシア・中国結ぶ初の道路橋が開通。

ロシアと中国は10日、両国を結ぶ初の道路橋の竣工式を行った。全長約1キロの橋は、アムール川に架かり、ロシア極東のブラゴベシチェンスクと中国北部の黒河を結ぶ。橋は2年前に完成していたが、新型コロナのパンデミックを受け、開通は延期されていた。ブラ…

​スリランカ、中国寄り外交見直しへ?

遅すぎた。他国も他山の石とするべし。中国やロシアを信じてろくなことにはならない。‘@経済危機に陥っているスリランカのウィクラマシンハ新首相は7日の議会で、日本との関係改善を図る考えを示した上で、ゴタバヤ・ラジャパクサ大統領らが進めてきた、中…

​中国戦闘機が豪州機に「チャフ」放出。

オーストラリア国防省は5日、中国の戦闘機が攻撃的な飛行を行って、南シナ海周辺の上空をパトロール中だったオーストラリアの哨戒機を危険にさらしたと発表。オーストラリアのマールズ国防相によると、中国の戦闘機J―16が先月、公海上空で通常の偵察飛行…

スリランカ、日本を裏切ったけど「助けて」

日本の皆さん 日本提案の鉄道計画を裏切って中国へ依存したおかげで困ってます 助けて。 経済危機は、中国などからインフラ整備を理由に多額の資金を借りて財政難に陥ったところに、 新型コロナの影響で観光業が打撃を受けている。 経常赤字の拡大やインフレ…

日本の潜水艦の静音スクリュー技術、中国に漏洩か。

発端は、薬事法違反事件だった。警視庁の生活安全部が、貿易会社の社長と健康食品を扱う中国人女性を薬事法違反で逮捕。厚生労働省の許可を得ず、健康食品を販売していた。捜査員が、中国人女性の自宅を家宅捜索したところ、意外なものが見つかった。海上自…

​中・ロ軍用機6機 韓国防空識別圏に進入。

韓国軍合同参謀本部は24日、中国の軍用機2機とロシアの軍用機4機が同日、東部・独島付近の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入し、離脱したと明らかにした。合同参謀本部によると、午前7時56分ごろに中国の軍用機2機が南部・済州島の南の岩礁、離於島の北西126キ…

台湾防空圏に中国軍機30機進入。

台湾国防部は30日、中国軍の戦闘機30機が台湾西南部の防空識別圏に進入したと発表。1月23日以来、今年2番目の多さです。台湾空軍は戦闘機をスクランブル発進させ中国軍機に警告を発したという。台湾を巡っては、アメリカのバイデン大統領が訪日した際、台湾…

中国の5G基地局160万カ所超に。

中国工業・情報化部の最新の統計データによると、中国が設置した5G基地局の数は、4月末までに161万5000カ所に上り、国内にある基地局のうち16%を占めるまでになったという。中国は世界で初めて、スタンドアローン(SA)方式による大規模な5Gネットワークの…

​スリランカにロシア産原油供給へ。

経済危機に陥っているスリランカがロシア産原油の供給を受けることが27日、分かった。スリランカは外貨不足で原油の輸入が滞っている。一方、ウクライナ侵攻による欧米の経済制裁で、輸出先の一部を失ったロシアは原油が余っている。ただスリランカがどのよ…

中国に「借金漬け」にされたスリランカがデフォルト。

懸念していたことが表面化。スリランカが1948年の独立以来、初のデフォルト(債務不履行)に陥った。スリランカ中央銀行のナンダラール・ウィーラシンハ総裁は19日、「債務が再編されるまで支払いはできない」と“デフォルト”を宣言。新型コロナ危機とエネル…

中国共産党、幹部の海外資産を禁止。

西側に取られてなるものか。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は19日、複数の関係者の話として、中国共産党が閣僚級幹部に対し、家族が不動産などのあらゆる海外資産を持つことを禁じる通達を出したと報じた。ウクライナ侵攻をめぐりロシア…