政治・経済、疑問に思うこと!

より良い日本へ願いを込めて。

蔑視・差別

​野田大臣訓示に、疑問視。

来年4月の「こども家庭庁」の発足に向け、野田大臣は、設立準備室の職員に訓示し、「みずからが子ども時代に立ち返り、国を変えるには何をしたらいいか考えてほしい」と求めた。明石市長 泉 房穂(いずみ ふさほ)@izumi_akashi·『みずからが子ども時代に立…

自民党本部前で抗議活動。

自民党議連の会合で、LGBTQを差別する冊子が配られたことに対する抗議が行われている。多くの人が集まり、「自民党は差別をするな」「冊子の内容、撤回しろ」と怒りのコール。「差別をやめろ」「平等な権利を」などと書かれたプラカードを掲げた。参院選では…

「同性愛は依存症」自民党議連。

「LGBTの自殺は本人のせい」自民党議連で配布。松岡宗嗣一般社団法人fair代表理事。今月、自民党議員の大多数が参加する議員連盟の会合で、ある冊子が配られた。冊子のタイトルは「同性愛と同性婚の真相を知る」。弘前学院大学の楊尚眞氏による講演録のよう…

​「同性婚不受理」初の合憲判決。

原告側請求を全て退ける。同性同士の結婚を認めていない民法や戸籍法の規定が憲法に違反するかが争われた訴訟で、大阪地裁=土井文美(ふみ)裁判長=は20日、規定に憲法違反はないと判断。原告の同性カップルが求めた国の賠償責任は認めなかった。大阪訴訟…

国際水連、トランスジェンダー選手女子競技出場を禁止。

国際水泳連盟(FINA)は19日、トランスジェンダーの選手について、男性の思春期をわずかでも経験した場合は、女子競技への出場を認めないことを決めた。FINAはこの日、世界選手権大会が開催されているハンガリー・ブダペストで臨時総会を開き、新方針を決定…

​阿武町、デマ被害の新人職員。

山口県阿武町が新型コロナ対策の臨時特別給付金4630万円(463世帯分)を、誤って1世帯に振り込んだ問題で、4月に採用されたばかりの町職員の男性について、ミスをした張本人という事実と異なる事がテレビで報道されたり、インターネット上で書き込まれている…

植松聖「介護の現場を知らない者が、何を言う」

「なぜ介護の現場を知らないあなた方が理想論を、さも正論のように述べることができるのか」「津久井やまゆり園」事件6年、7月26日追悼式。「障害者が人間ならば、彼らが罪を犯した時同様に裁かれるはず」「知的障害を理由に裁かれないという事実は、彼らが…

​​式典中に次々と倒れる自衛隊員。

兵庫県の陸上自衛隊・千僧駐屯地で15日に行われた記念式典の最中、待機していた自衛官のうち、少なくとも十数人が次々と体調を崩し、意識を失って倒れたり、しゃがみ込んでしまう異常事態が発生。映像を見た自衛官とされる人物は、「17年自衛隊に勤めていま…

大分、1人で446万円分プレミアム付き商品券。

​国や自治体、税金無駄に使うのが好き。大分県佐伯市のプレミアム付き商品券は1万円で1万3000円分の買い物ができる。1世帯3冊までの購入を原則として、往復ハガキで申し込みを受け付けた。しかし、発行数6万冊に対して2万4000冊が残ったため、…

​ウイグル会議「国連の信頼、地に落ちた」

中国を訪れていたミチェル・バチェレ国連人権高等弁務官は6日間の訪問日程を終え、28日夜、少数民族ウイグル族らへの人権侵害が指摘される新疆ウイグル自治区の視察を含む、今回の訪中について記者会見した。バチェレ氏は、中国政府がウイグル族に向けて…

​「タトゥー客お断り」特別扱いへの苦情。

岐阜県内の多くの銭湯やスポーツジムなどで、タトゥー(入れ墨)のある人の入場を断っている。日本では反社会的勢力と関連づけて見られている。一方、海外ではタトゥーが一般的な地域もあり、ファッション感覚で彫る人も多い。サッカーJ3・FC岐阜の選手…

​国連特別報告者に中国から2500万円。

国連のアリーナ・ドゥハン特別報告者はベラルーシ人法学者。2020年3月、国連人権理事会(UN)から特別報告者に任命された。ドゥハン氏は昨年9月、新疆ウイグル自治区を「素晴らしい土地」と吹聴する中国政府が後援する、オンラインプロパガンダイベントに出…

​「性自認」の法令導入をめぐり民間団体が集会。

「性自認」という文言を盛り込んだ法令を導入する動きに対し、当事者である性的少数者や女性の意見を伝えようと、「女性スペースを守る会」「性別不合当事者の会」「白百合の会」「平等社会実現の会」の民間4団体が、17日、国会内で集会を開いた。自民党…

​AV出演強要問題で“新法案”

自公が私の提言を受けて、全ての年齢をを対象に。成人年齢引き下げでも“解除可能”AV出演をめぐっては、成人年齢の引き下げで、契約をあとから取り消せなくなった18歳・19歳への対策が議論に。自民・公明両党がまとめた案では、すべての年齢と性別を対象に、…

政府「学校で壁ドンや告白の練習を」?

野田聖子・少子化担当大臣「恋愛は少子化対策のスタートライン」内閣府の研究会で恋愛支援のため、教育に「壁ドン」を組み込むことなどが提案された。内閣府の研究会の議論が波紋を呼んでいる。20日に行われた立憲民主党のヒアリングでは「姿勢が問われる」…

​「コロナは風邪」反ワクチン党首が家宅捜索。

少女の家族とトラブル。2020年7月の東京都知事選挙で、「コロナは風邪」と書かれていた選挙ポスター。その候補者の名前は国民主権党党首の平塚正幸氏(40)。反ワクチン・反マスク活動における有名人の一人だ。都知事選では得票率0.15パーセントと振るわなか…

​海上自衛隊トップ200人集め人文字。

3月16日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した直後、東京・市ヶ谷の防衛省で、自衛官ら200名が集まり、退官する山村浩・前海上幕僚長のために「山P」の人文字写真を撮影。この日は東京都に「まん延防止等重点措置」が適用されていた。北朝鮮ミサイル発射の最中の…

​ウクライナ「報道」でも、適当で無責任なコメントたち。

ニュース番組でもない、娯楽番組でもない、ハイブリッドな日本のテレビのワイドショーを初めて見たときにはとてもびっくりした。なぜなら、多くのレギュラー出演者(タレントや弁護士、大学の教授など)はどんなニュースであっても、どんなテーマであっても…

米紙が報じる日本「使い捨てにされるベトナム人」

(ワシントン・ポスト)国内外から過酷な労働環境や人権侵害が指摘される日本の技能実習制度に米紙が切り込んだ。同制度の抜け穴、外国人労働者のなかで最多のベトナム人実習生の苦しみ、そして彼らの駆け込み寺で住職の尼僧が見てきた“生と死”。在日ベトナ…

「死因はコロナではない」と言う人へ。

世間では、感染拡大の「ピークは越えた」と言われているが、まだコロナ病棟に変化はない。もしかすると、これこそが第6波と第5波を比較した際の大きな違いかもしれない。昨年夏の感染拡大では、一気に感染が収束へと向かった。だが、現在の感染拡大の波は高…

​恵美子が激怒した竜也の“妻が趣味”発言。

余計なお世話。‘@ 2月6日放送の『上沼・高田のクギズケ!』で、上沼恵美子(66)が怒ったのは、俳優・藤竜也(80)の発言。「1月17日放送の『徹子の部屋』で、藤さんが結婚して54年になる妻の芦川いづみさん(86)について、徹子さんに聞かれる形で“いまは…

​新型コロナ感染10代死亡、NHKと朝日の報道。

<NHK>新型コロナ感染の10代男性が死亡 基礎疾患なし さいたま2022年2月16日 20時44分さいたま市は新型コロナウイルスに感染した市内に住む10代後半の男性が死亡したと発表しました。男性に基礎疾患はないということで、市は感染症に伴う血栓などが生じたこ…

​教諭、同僚に舌打ち・無視4年間、戒告処分。

意味が分からない。‘@同僚に舌打ち・あいさつ無視4年間、小学校女性教諭を懲戒処分 。約4年間にわたり、同僚に対し、あいさつを無視したり、舌打ちしたりするなどの行為を繰り返したのはハラスメントに当たるとして、堺市教育委員会は14日、市立小学校…

​玉川氏が山口氏を論難、「知性高いと思ったけどビックリ」

元財務官僚で弁護士の山口真由氏とテレビ朝日局員の玉川徹氏は、14日放送の同局系「羽鳥慎一 モーニングショー」で論争を繰り広げた。東京では新型コロナの第6波が収まらない状況で、番組では「社会経済をどうまわすか?」という出口戦略について話し合っ…

​ロシア“佐渡金山”の世界遺産「反対」

ロシア外務省の報道官は9日(現地時間)の定例会見で、佐渡金山のユネスコ世界遺産登録推進に関して「我々は韓国側の反応を理解する」と語った。つづけて「日本は第2次世界大戦期間中、日本の指導者たちが犯した犯罪行為を、人類の記憶から消すために、韓国…

新型コロナ、死者数も重症者数も増加止まらず。

新型コロナ 全国の重症者1352人 1カ月で13倍増。死者数とともに増加傾向止まらず。厚生労働省によると、11日時点での、新型コロナウイルスの全国の重症者数が1352人にのぼった。1カ月前の全国の重症者数(1月11日・105人)と比べると、およそ13倍増え…

​COVID-19の長期心血管の転帰。

新型コロナ感染の心血管合併症はよく言われているが、感染後の心血管症状はまだ包括的に特徴付けられていない。米国退役軍人省の国家医療データベースを使用して、1年間の事前心血管のリスクを追跡。新形コロナに感染した人は、脳血管障害、異性不整脈、虚血…

入管に「人の心はない」立民・石川議員憤り。

日本は中国のことばかり問題にするが、なぜ、これが問題にならないのか。‘@‘日本のジャーナリズムは死んでいる。健康だった39歳男性がボロボロに。入管は、また人を殺すのか。立憲民主党・石川大我参議院議員。名古屋入管に収容されていたスリランカ人女性…

​高梨沙羅へのメイク批判は不当。

5日に行われた北京五輪のスキージャンプ女子ノーマルヒルで、3度目の大舞台に挑んだ日本の高梨沙羅選手の結果は4位。惜しくも2大会連続メダル獲得をかなえることができなかった。女性アスリートに対し「メイクにうつつを抜かしていないで練習しろ」などとい…

​三浦のデタラメぶりバレる。

おじま紘平(東京都議会議員・練馬区)@ojimakohei三浦瑠麗さんのピークアウト予言がいつから始まったのか、​ふと気になって遡ってみたら、先月からずっとでした。(いまでは風邪気味だと陽性)​先週時点で「東京都は来週ピークアウトする可能性が高い」とツ…